更年期障害の症状を改善するには病院に行こう

メディカル

頭痛の中でも最も痛い頭痛

シニア女性

今後の治療に期待できます

群発頭痛とは、一般的な頭痛より発症する人が少ないです。20〜40歳代の男性に多く、目の奥がえぐられるように痛い症状が起こります。一度痛みが起これば毎日のように続き、1〜2カ月くらい続くのが特徴です。群発頭痛の原因としては、アルコールやたばこ、気圧の変化によるものです。このように辛い群発頭痛ですが、薬物治療、純酸素吸入法などの治療があります。原因となるアルコールやたばこを控えることも必要です。今後の動向としては、特効薬のトリプタンが自宅で自己注射できるようになりました。即効性があるものなので、辛い痛みに効果があります。近年、新しい治療薬も出る予定です。研究が進められていますので、今後の群発頭痛の治療に期待ができます。

予防と対策方法

群発頭痛は、頭痛の中でも最も強い痛みだと言われています。原因はアルコールやたばこによるものが多いので、原因なるものを控えることが一番の対策です。バランスがとれた食事と規則正しい生活も予防する上で大切になります。群発頭痛予防によい食事は、マグネシウムを多く含む食品です。ごま、アーモンド、ひじき、しらすなどが多く含みます。マグネシウムは、血小板が凝集するのを防ぎ、血管の収縮を抑えてくれます。マグネシウムを摂ることにより、群発頭痛を予防できますので、毎日摂取したい栄養素です。群発頭痛は季節の変わり目に発症することが多いので、特にその時期は注意が必要です。規則正しい生活とバランスのとれた食事をこころがけ、アルコールやたばこを控えましょう。