更年期障害の症状を改善するには病院に行こう

メディカル

めまいを感じたら

医療

種類・症状と原因

めまいの種類は大きく分けると3つです。視界の景色がグルグルと回って見える『回転性めまい』、身体がフワフワして安定性を欠く『浮遊性めまい』、行動に伴ってクラッとする『立ちくらみ様めまい』です。『回転性めまい』は突然発症し、見ているものや自分自身が一定方向に常に回っているように感じます。吐き気や嘔吐、難聴などの症状を伴ったりするのが特徴です。原因は三半規管への耳石の混入、メニエール病、耳から脳への神経の炎症などがありますが、脳の異常の場合もあります。『浮遊性めまい』は船酔いや車酔いに似たフワフワ感が現れます。肩こりや更年期障害、自律神経失調症などが原因として挙げられますが、頭痛や痺れ、運動麻痺などもある場合は、脳腫瘍や脳出血も疑われます。『立ちくらみ様めまい』は立ち上がる時にクラッとする、目の前が暗くなる、などが特徴です。低血糖や貧血、起立性低血圧などが原因として挙げられます。

めまいが起こったら

大多数のめまいは良性で、心配のいらないものです。慌てず安静にする事が重要です。ですが中には治療の必要なものもあります。メニエール病や起立性低血圧、突発性難聴など、重篤なものでは脳出血、脳梗塞、腫瘍などです。めまいが間隔的に発生し難聴を伴うメニエール病、疲れやすく立ちくらみ・失神を伴ったりする起立性低血圧などは、症状によって生活にも支障が現れたりするので、投薬や生活改善などの治療を行います。この内メニエール病は、難病にも指定されています。早急な治療が必要な脳出血、脳梗塞、腫瘍などは、めまいと共に嘔吐や頭痛、手足の麻痺、嚥下困難等の症状が出ます。お年寄りや高血圧の持病のある人は、特に注意が必要です。命に関わる可能性もあるので、めまいが起きた時には、原因が治療の必要なものかどうかの見極めが大切です。